BLOG

『海北さんと福島へ』

2019.11.10

急遽ですが、11/17福島の海北さんの弾き語りツアーに参加させてもらうことになりました!

ちょうど一ヶ月前くらいにお話いただいたのですが、都合があったようで正式に告知できるのが急になってすみません。。

夏のツアーは色んな意味で本当に勉強になって、音楽的な部分はもちろん、旅的なところで色々と至らないところを気付かされて。

まず背負えるギターケースを新調して、これで片手フリー。

改札でも立ち止まらず通過でき、スマホで地図も見れます。笑

諸々用にiPadも買ったのだけど、前回セッション用に書き込んだ譜面があるので、今回はそれを使うかな。

実は増税前に買おうと思っていたものを色々とまとめて購入していて、予想より早く役に立つ機会が訪れてうれしいです。

福島県は前回、郡山で近藤康平さんとGo Go Round This World! Books&Cafeでライブさせてもらって以来。

その時もすごく良い時間だったんだけど、福島は随分前におと酔いウォークという温泉街のアコフェスにゴマちゃんと出たぶりかな。

その前はoutlineにバンドで行って、翌日昼に二人で広島のフラワーフェスティバルに出るという強行日程が印象的ですが、定期的に行ける地域ではなかったので、こうやって機会をもらえて幸せです。

あと繋がりで言うと、デビューシングルの「春のうた」がFM福島のパワープレイで当時は何回かリリースごとにキャンペーンで寄らせてもらっていたのだけど、なかなかライブはできずで。

今は先の災害で大変な人も多い地域ですが、逆にこうして歌うことができるのがありがたく、海北さんに感謝。

海北さんとのユニット「上海」の曲などセッション曲もおさらいしつつ、自分の曲もしっかり歌えるように準備しています。

カミナリグモもアルバム制作に向けてまたバンドレコーディングあったり、二人のトラックの制作もすすめています。

歌うこと、曲を作ること、それが誰かに必要とされることが生き甲斐。

このツアーと制作、年末のライブに向けて毎日過ごしていきます。